HOME > たいらブログ

学歴は必要?不要?

こんにちわたいらです。

 

大企業での黒字リストラや早期退職制度が当たり前になり

年功序列、終身雇用が崩壊した今、学歴は不要なんじゃないか?

 

webでも実生活でもしばしば話題に挙がるこの件について

偏差値70ちょいちょいくらいの中高一貫⇒早稲田政経3年で中退という

一生親に頭が上がらない学歴を誇る私めが考察してみます。

ちなみに小学2年生から学習塾通ってました父ちゃん母ちゃんごめんなさい。

 

結論から言うと、

  1. 中学高校までは可能な限り高度な教育を受けるのがベター。
  2. 大学は「大卒」の肩書きを目的とするなら圧倒的に不要。

実体験を元に理由を解説していきます。

 

 

1. 中学高校までは可能な限り高度な教育を受けるのがベター。

 

【小学校での勉強は一般常識】

算数、国語、理科、社会。これらは学問云々より

一般常識、素養として大人になってから真価を発揮する能力です。

 

特に算数と国語は中学校に入ってからではたぶん遅い。知らんけど。

例えば2桁 × 2桁の暗算ができるかどうかで数学問題の処理スピードは圧倒的に差が出るし

文章は読めば読むほどシンプルに読解力と文章力が身に付きます。

算数と国語は両方できないと何を学ぶにしてもネックになり得ますから。

 

そして小さい頃から「おべんきょう」をある程度習慣づけておくことで

感覚に依存しない論理的思考力能動的に学習するクセがつきます。

 

人から言われたことを鵜呑みにする前に一度立ち止まって自分で考える。

生きていく上で必要だと思ったスキルを自分で見つけて学習する。

これらは大人になってからも非常に重要な「習慣」となります。

 

 

【中学・高校の仲間は「環境」そのもの】

偏差値30からの人生逆転劇なんてほぼないです。

映画やらドキュメンタリーのネタになるってことはほぼないってこと。

 

もちろん偏差値が全てだなんてことを言うつもりはないのですが、

周囲の仲間達が何かしら優秀であれば本人も自然とそれに引っ張られます。

実際に私も中高からの友人がいたことで何度も助けられました。

 

「良い」とされる中高には「良い」生徒たちが集まりがちだから

本人にとって「良い」環境が形成されがちって話です。

 

 

2. 大学は「大卒」の肩書きを目的とするなら圧倒的に不要。

 

【Fラン大学はお金の無駄】

これちょっとキツい言い方かもしれませんが事実です。

これまでは「大卒」であることに下駄を履かせる給与体系が一般的でしたが

昨今の法改正からも給与が能力、成果に依存する傾向は間違いなく進みます。

 

大卒しか採用しない、という企業がそもそも減っていくでしょうし

一定の給与水準のある企業へ採用させる力がない大学はオワコンになります。

 

 

【その他の大学は?】

言わずもがな「医者」「弁護士」といった国家資格を取得するための大学進学は

ほとんどの場合その費用を回収できるので大いに意味があります。

 

また、偏差値60以上くらいの大学も先述と同様に

「周りが優秀」であることと、優良企業への就職率を買うという価値はあるでしょう。

 

難しいのがCランクあたりの大学ですよね・・・

これは本人が学ぶ意識を強く持っているかどうかがとても大事な気がします。

「やりたいことを探すために大学に行く」とか

「就職する、大人になるまでのモラトリアム」なんて呑気なこと言ってるなら行かない方が吉。

 

 

まとめ

いずれにせよ成果主義・能力主義は確実に進んでいくでしょうから、

闇雲に進学するよりは、能力と行動力を身に付けるためのプロセスを重視すべきです。

 

一方で小さな頃から「学び癖」「考え癖」を染みつけるため、

また周囲の人的環境を整えるための学歴はこれからも大きな意味を持ち続けると思います。

私自身は中学校のお受験と、その後の仲間達から得た物はとても大きかったので。

 

 

最後に念のため。人の幸せは人それぞれです。

楽しく稼ぐ、好きなことで稼ぐ、いっぱい稼ぐ、人の為に仕事をする。

学歴がそのための手段であると考えれば個人毎の正解に近づけるのではないでしょうか。

 

でわでわ

 

アフターコロナの店舗運営

こんにちわたいらです。

 

依然として新型コロナウイルスが猛威を振るっておりますが

飲食、物販等の店舗運営についてはアフターコロナの収益確保について

真剣に取り組んでいく必要があります。

 

国や自治体からの融資はあくまでも借金に過ぎないのが事実。

新型コロナウイルスが収束し、一般消費が回復したといっても

融資の返済や営業縮小中の売上補填の観点から

コロナ前よりも安定的で高水準な利益確保について対策を練っておく必要があります。

 

考え方の主軸としては以下の2点。

  • ローコストオペレーションに依る費用減
  • 他の収益源確保に依る収入の底上げ

具体例を挙げながら考察していきます。

 

・ローコストオペレーションに依る費用減

費用を削るためにオペレーションそのものを変える、という考え方です。

至極当然な話ですが、収入を上げるより費用を下げる方が利益は出ます。

5万円の収入のために5万円の費用を使っているサービスや商品が無いか見直してみてください。

 

【飲食における具体例】

  1. フレッシュな食材仕入に依るロス割合と収入への効果測定
  2. 開店業務を減らすことで需要の少ないオープン時間の人件費負担を和らげる
  3. 下膳コーナーを設けることでホールスタッフの負担を減らす

 

【物販における具体例】

  1. 根強いファンのニーズ対応のために不良在庫に回る割合が高い商品がないか
  2. バリエーション展開に起因する売上と管理コストの相関を検討
  3. スタッフへ事務処理等を落とし込むことで閑散時の生産性UP

 

 

・他の収益源確保に依る収入の底上げ

収入に関しては既に多くの施策を行っていることかとは存じますが、

これまでと同じ角度では自動化や人口減少といった時代の潮流に乗り遅れることとなります。

初期コストがかかるものもあり、慎重に期する必要がありますが

今回の事業縮小を機会と捉えて前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

 

【飲食における具体例】

  1. オリジナル商品の企画、販売による物販収入確保
  2. テイクアウト需要に対応する商品、サービスの開発
  3. ロスのリスクやオペレーション負担が低い既製品によるアップセル

 

【物販における具体例】

  1. eコマースや通販需要への対応
  2. 1.に付随したweb、SNS経由の集客
  3. レジ袋有料化に伴うecoバッグの開発→ブランディング

 

一応飲食と物販に分けて記載しましたが、

考え方、角度は共通する部分が多々あるかと思います。

 

また、日本商工会議所では「新型コロナウイルス感染症加点」を盛り込んだ

50万円(実費75万円の2/3)上限の小規模事業者持続化補助金という制度があります。

https://r1.jizokukahojokin.info/

 

消費の冷え込みがどこまで続くのか不透明な中、私自身も不安な気持ちでいっぱいです。

しかしながら与えられた時間をどのように使ったかが事業継続の大きな分岐となり得ます。

知恵を振り絞って、この苦境を乗り越えていきましょう。

 

でわでわ

【東京都コロナ対策】飲食店等への支援金給付

こんにちわたいらです。

 

タイトルにある通り、

4月2日、コロナ対策により営業縮小を余儀なくされているバーやクラブに対し

自治体独自の支援金給付を決定しました。

 

「これやねん、これ!!」

 

中小規模の飲食店の多くは営業縮小により

単一店舗ではおそらく全てと言っていいほど収支が前年割れしています。

 

至極当たり前のことですが、飲食店の収支構造は一部の業務委託契約を除き、

収支 = 売上 - ( 賃料 + 人件費 + 原価 + α )

となっている場合がほとんどです。

 

先日厚労省から「雇用調整助成金」の大幅な支給条件緩和が発表となり、

人件費については国から一定の補助の目途が立ちました。

 

原価については売上連動減になるので比較的ダメージは少ないのですが、

上記赤字部分、売上減賃料がかなりの負担となることが懸念されていました。

まだ給付条件、割合等の正式なリリースはされておりませんが、

先の見えない営業縮小を行っている事業者にとっては光明と言えるでしょう。

 

ちょっと愚痴っぽくはなりますが、

「肉にしますか?魚にしますか?それともマ・ス・ク?」

とか言ってるどっかの国もいれば

「ゲームは1日60分まで!(キリッ」

とか言ってるどっかのうどんもいる中で

東京都は今回至極全うなことを全うな順序とスピードでやってくれているな、と感じています。

 

小池知事も今年はでっかい花火を打ち上げるはずが

財源も見通せない中火消し作業に追われていて本当に頭が下がる思いです。

 

営業自粛を要請している周辺の自治体についても

極力スピード感を持って同様の施策を行ってもらいたいものです。

 

でわでわ

【#世田谷区最多】Twitterでプチっとバズった件

こんにちわたいらです。

 

2020年4月2日の0時頃ですかね、

これを書いてる20時間くらい前の出来事なんですが、

ブログ開設の勉強用にと2月に開始したTwitterでフォロワー20人の私の

雇用調整助成金について

こんにちわたいらです。

 

4月に入ってもまだコロナウイルスの収束は見えてきません。

実店舗を運営する事業者やイベント会社等が多数倒産の危機にさらされています。

 

消費の冷え込みや自粛ムードがいつまで続くのか見えない中、

・営業規模を縮小したり、閉めなければならないのか

・従業員の生活を守ってあげることはできないのか

といった中小事業者のお悩みや不安を多く耳にします。

 

意外とご存じない方もいらっしゃるので

今回雇用調整助成金について簡単にご説明いたします。

 

新型コロナウイルスによって自主的に店舗等を休業されている事業者や

営業しているものの集客に苦戦しているかなり広範囲の事業主を対象としています。

具体的な指標としては生産性指標5%以下ですので

飲食店や実店舗がベースとなっている物販はほぼ全てが含ます。

助成金.jpg

 

https://www.mhlw.go.jp/content/000615395.pdf

 

これまでに計3回、つい先日にも概要に変更がありましたので、

詳細については随時上記厚労省のHPにてご確認いただければと思います。

また、手続きについても簡素化するとあるものの複雑であることに変わりはないので

お付き合いのある行政書士の方やハローワークに直接ご相談いただくのが良いでしょう。

 

今回助成金のポイントとして抑えておきたいのが、以下の3点です。

  • 雇用保険被保険者でないパート、アルバイトの方も対象となる
  • 期間は一旦~6/30まで暫定とし、事後の提出を認める
  • 解雇等を行わなければ助成率が優遇される

これらから読み取ることのできることは

雇用の維持については極力経済的にバックアップするので

出来る限り事業と雇用を継続して欲しい、という政府のメッセージです。

 

これ自体はとても素晴らしいことですが、

当然のように事業の継続には賃料等の固定費用が発生し、

場所や業態によっては5%どころか90%、あるいはそれ以上の圧倒的収入減が予想されます。

そして沈静化後の収入におけるV字回復も安易には見通せません

 

事業主にとってはかなり苦しい状況が続くと思われますが、

ただ悲観的になるのではなく、相談できる相手を見つけて

融資、補助金等でカバーできる部分は頼って頂きたいところです。

 

ご意見等は下記まで

 taira.nakamura@a-tempo.co.jp

 

【一人暮らし向け】健康的引きこもり自炊法

こんにちわたいらです。

 

コロナ騒動で不要不急の外出が叫ばれているわけですが、

これまで自炊をあまりしてこなかった一人暮らしの人達がどうしてんのかあたし心配。

カップ麺やパン、冷凍食品で飢えを凌いで

野菜ジュースでつじつま合わせてないかあたし心配。

 

上記の商品はいざという時に頼りになる奴らですが

そればっかりになってしまうとどうしても食事がつまらなくなるし

何より添加物や栄養バランス面を考慮すると長期戦には向かないですよね。

 

今回は一人暮らしの自炊歴15年の私が自炊を続けるコツを伝授しよう。

 

一番大事なことは、食材をまとめて購入して絶対に使い切るという制約と誓約!!

ハンターハンター「制約と誓約」から学ぶ目標設定方法 – 株式会社 ...

主たるメリットは以下の3点

  • 1食当たりの材料単価を下げる
  • あり合わせの食材で何とかするスキルが身に付く
  • 余った食材に新たに食材を買い足す自炊サイクルが出来上がる

いやほぼ精神論やんけ、と思ったそこの貴方。

 

正解。

 

だけど自炊を習慣づけることが出来ないあなたにとってピンチはチャンス。

お酒の席とかで男女問わず「自炊するの?」って聞かれることあるじゃないですか。

「えぇ、まぁ、それなりに。」と答えられるだけで2ポイントゲット。

ライバルに差をつけろ。

 

自炊を続けられない原因として、

綺麗なもの作ろうとし過ぎて疲弊する

という感情が挙げられます。たぶん。知らんけど。

 

レシピ見てこれを作りたい!!って思うのは結構なんですが、

余りの食材達のことも考えてあげてください。

 

意識高い系のインスタとかマジで一生見ちゃだめ。

100.料理上達のコツ | 料理が苦手な私がインスタグラムのおかげで料理 ...

めっちゃ美味しそうだけど(笑) こんなん普通に¥1,500出すわ(笑)

確かに映えるってことはいろんな色の食材を使ってるってことなんで

栄養価が優れていることは認めましょう。しぶしぶ。

 

だけどそれだけ多くの食材を使うとなると

手間も材料費もすごくかかってしまうし、ハンパな食材も沢山残ります。

 

ピーマンの輪切りが2切れ乗っ取るで!! 2切れって!!

残りの丸4個と13切れどこいったん?!

 

と、醜い揚げ足取りはこれくらいにしておいて、

何しろスモールスタート、できることから始めようって話ですわ。

 

私のお勧めする課題は、「キャベツ1玉購入」

煮ても焼いても生でも食える。漬けても炒めても食える。

ごちゃごちゃ言わんとやっちゃおう、もうやっちゃおう。買った?もう買ってきた?

はい、じゃあどうやって一人で残さずやっつけるか一緒に考えていきましょう。

 

冷蔵庫空っぽを想定して一緒に買ってくる食材の見切り発車シミュレーション。

  • 鶏肉300g モモでもムネでも
  • 豚バラ200g
  • トマト2個
  • ジャガイモ2個
  • 人参1本
  • 玉ねぎ2個
  • 長ネギ1本
  • 卵6個入り
  • 納豆3パック
  • エリンギ1パック
  • シメジ1パック
  • もやし1パック

キャベツ合わせて¥2,000くらいあれば買えるのでは?

これに調味料と米さえあれば大体1週間くらい凌げる。

一人自炊はコスパ悪いとか言ってるヤツ完全論破してやりましょう。

 

手前の飯を作るのに細かいテクニックはいらねぇ。

鶏肉とジャガイモ2個と玉ねぎ1個キャベツ1/3

人参1/2ときのこどっちかを食べやすい大きさに切る。

油で焼き炒めてから水適当に入れて固形か粉のブイヨン入れる。

白ワインなんてねぇからお酒ちょろっと入れて塩コショウで調整。

はい出来た。ポトフみたいなん出来た。3日はイケる。

 

ざっくり4食分はあるけど飽きるから途中でトマト1個串切りにして放り込んで

カレールー入れたら結構うまいの出来たりするから気を付けて。

 

次のキャベツ1/3は千切りにして塩で半殺しにして洗ってマヨネーズと

有ればマスタードでも入れてごちゃ混ぜにしときゃいい。常備菜ってヤツ。

ちなコールスローってこれのことじゃなくてキャベツの千切りのこと。これマメな。

オリーブの輪切りでも入れようもんなら港区女子大歓喜!

 

最後のキャベツ1/3は半分(1/6)をとりあえず回鍋肉みたいにしよっか。

もやし1/2パックと人参1/2本と豚バラと長ネギ1/2ときのこくらい放り込んで炒める。

中華の味噌があればいいけど無ければウェイパーに塩コショウで十分。

ただし回鍋肉を名乗ると民法37186条により1週間の軟禁刑。むしろ好都合。

2食分くらいあるから分けて食べてね♪

 

残った長ネギは微塵切りにして置いときゃいい。

納豆と卵ときのこの余り一緒に使ったら美味しいチャーハンもできる。

 

残ったトマトは生で食え。嫌なら輪切りにしてオリーブオイルにでも漬けとけばよし。

上にコールスローサラダ乗っけて乾燥パセリでも振っときゃそれっぽくなる。

 

 

だいたい1週間イケそうでしょ?

で、たぶんもやし1/2とキャベツ1/6と卵が何個か余るんよね。

これをどうしよっかなって考えるのが自炊サイクルの神髄なわけです。

 

ちなみに鶏モモ追加で買って粉打って揚げ焼きにして

ボイルしたもやしとキャベツの上に乗っけてタルタル作って乗っけたら

美味しい美味しい鶏南蛮みたいなのが出来て自炊サイクルがぴったり終焉を迎える。

 

しまった。こんなはずでは・・・。

 

とにかく食べきれないかもしれないかもしれない量の食材を買ってください。

「キャベツ 大量消費」とかでググるとたくさんの優秀なレシピが出てきます。

使いまわしの余計な食材買ってレシピ通りに忠実に作ろうとせず、

たまに失敗しながらテヘペロなんっつってたら1年でそれなりに習慣化します。

 

そんな私の本日の夕食ははいこちらドン!!

めし.JPG

炊き込みご飯にはやっぱりジャーマンポテトだよね♡

こんなもんだって!こんなもん!

でも絶対外食より安くて栄養価は高いから。

炭水化物とカロリーも高いけど!今日だけだから!!

 

逃げろーい!

でわでわ

 

 

【サービス業】雇用者と被雇用者の苦悩

こんにちわたいらです。

 

もともと派遣法の改正等が施行されるタイミングで今回のコロナ関連不況。

派遣切りとか内定取り消しとかが社会問題となっています。

 

しかしながらオフラインビジネス、サービス業の困窮については

あまりネットで見かけることがありません。

なぜならインターネットリテラシーの高い人達は

問題の多くをオンライン、リモートで解決、緩和する術を持っているから。

 

実店舗や施設の運営改善やマニュアル化のお手伝いをしている私のところには

たくさんの悲鳴が届いています。

「消費の冷え込み」で片付けられる話ではないし緊急融資」で凌げる状況でもないです。

本当に解決が難しく、自身の無力さを痛感しています。

 

最も難しい点が雇用者と被雇用者の関係性です。

ここについて少しでも目を向けてもらえたらと思い筆を執りました。

 

常日頃から私はクライアントに対して

「雇用者は被雇用者に働いてもらっている」

「被雇用者は雇用者に働かせてもらっている」

という認識を持ってもらいたい、とお伝えしています。

 

精神論と思われる方もいらっしゃるでしょうが

雇用者と被雇用者が良好な関係を築き、ESを高めるためには

とても重要な概念だと考えていますし、それは今も変わりません。

 

ところが、あえてドライな言い方をしますと

ESとCSは収益最大化のための手段に過ぎないのも事実です。

 

ここへ来て急激な収入減を余儀なくされている雇用者の多くは

泣く泣くスタッフの出勤を減らしてコストの最小化に努めています。

場合によっては事実上のリストラを敢行しているケースもあります。

 

「アフターコロナ」より「WITHコロナ」を優先した決断を迫られているわけです。

コロナが沈静化した時に、貴重な労働力が戻ってくる保障はどこにもありません。

 

可能であれば雇用者が被雇用者に対して理解を求め、

一定の給与保障をしながら自体の沈静化を待つ、というのが理想的ですが

体力のない小規模事業者はとてもそんな綺麗ごと言ってられません。

 

ただでさえ採用の難しいサービス業においては

コロナが沈静化した後にも要員の適正化という大きな課題が待ち受けています

 

今は感染拡大を制御することが何よりも重要であることは重々承知していますが

中小規模のオフライン事業者の事業継続に必要な経済的施策と共に

再雇用のための施策も行われることを切に願っています。

 

ご意見等は下記まで

taira.nakamura@a-tempo.co.jp

【100日後に死ぬワニ】経緯と考察まとめ

こんにちわたいらです。

 

きくちゆうきさんという漫画家の方が書いた

「100日後に死ぬワニ」という作品がバズって炎上して火消しがほぼ完了しました。

 

「名前くらいは」とか、「電通案件だったんでしょ?」とか

いろんなところで情報がストップしていたり、

そこそことんちんかんな批判をしている人もいたりするので

自分なりに経緯をまとめてみました。

 

いろいろと情報は飛び回っておりますが

「外からみた経緯」「内側の事実」「感想・考察」に分けてコンパクトにまとめましたので

これさえ読んでおけば飲み会で置き去りにされることはありません(キリッ

内側の事実とはいえもちろん私が内側にいたわけではないのであしからず。

95%以上100%未満です。

 

 

【経緯】

  1. 漫画家きくちゆうきさんがTwitter上でデイリー連載開始。
  2. 死へのカウントダウンと裏腹に穏やかな日常が描かれ共感を呼び拡散。
  3. 連載開始から100日後である3月20日に最終回を迎えた。フォロワー220万人。
  4. 連載終了と同時にいきものがかりのコラボムービー公開、映画化やコンセプトストアにおけるグッズ販売等が発表される。
  5. 読者の多くはワニロスに浸る間もなくお金の匂いを感じてなえぽよ。
  6. #電通案件がトレンド入り。
  7. 3月21日にいきものがかり水野さんときくちさんが動画上で釈明。

 

【事実】

  • 連載開始時はあくまできくちさん個人でスタート。タイアップ等一切なし。
  • 1月に小さな代理店が入り、諸々のメディアミックスを計画。
  • 2月中旬にいきものがかり水野さんがコンタクトを取り、楽曲を作ることに。
  • 水野さんはコラボムービー作成のため画像編集等を電通の方に依頼。
  • 連載終了時のコラボムービー、グッズ販売等が電通総合プロデュースのプロジェクトであったかのような誤報が飛び交った結果、炎上騒ぎに。
  • 水野さんときくちさんの釈明動画が火消し効果抜群の誠意ある内容だった。
  • 本人達曰く、100日後に間に合わせよう、という団結力のもと全てのメディアを展開した結果、少し空気の読めない勇み足な展開になってしまったとのこと。

 

【感想・考察】

作品自体私も目を通しましたが、老若男女問わずスッと入ってくる優しいタッチです。たぶん。

漫画「100日後に死ぬワニ」 急加速する恋と進むカウントダウン“死まで ...

おうちでグダグダしたり、友達とわいわいしたり、ちょっと恋をしたり、

日々に漠然と虚無感を覚えていたり、それでいて自分が死ぬことなんて

これっぽっちも意識してない日常を温かく描いています。

 

ワニが死を意識していないからこそ、読者は「100日後」が近づくに連れて

「どんなことが起こるんだろう」と想像を掻き立てられたり、

ワニを応援したくなったり、いろんな感情が掻き立てられるわけですよね。

 

私は100日分を10分くらいでザーッて読んでしまったので正直中だるみ感はありました。

だけどデイリーで読んでたらきっと「明日はちょっとなんか起こるかな?」って

気になって読んじゃってたかなって思います。

 

でも、徹底してなにも起こらない。誰にでもあるような日常を描き続ける。

何なら100日目まで何も起こってないかのようにワニは死んでしまうんです。

 

読者からしてみたら

「あー自分だっていつ死ぬかわかんないんだよなー」

「大事な人がこんな風にして死ぬかもしれない」

「今を精一杯生きることって大切だよなー」

生きることの尊さとか死の儚さとかをいろんな人がいろんな価値観で考えてたわけです。

 

で、連載終了して、作品一緒に読んでた仲間達とお茶やお酒を飲みながら

感想言ったり共有したり寂しがったりする時間もなくメディアミックスの発表を目にする。

挙句に電通案件なんて誤報も飛び交うもんだから

読者はワニが金儲けのツールにされてたみたいな捉え方をしちゃったんですね。

 

私がこの件に関して思うことは以下3点。

・何のコンテンツであろうがマネタイズそのものを非難するのは間違い。

・小さな代理店はたぶんすごく頑張った。でもちょっと急ぎ過ぎた。

・「電通=金儲けの権化」みたいな安直な視点でデマを拡散した人愚か、信じた人反省。

 

あんまり個人の見解を入れるとそれこそ偏向みたいになっちゃうんでこれくらいにしときます。

お金の動きにばかり気を取られると作品に対する感性に蓋をしちゃうので

そこは切り分けて考えるようにしましょうね。

 

言うてもうとるがな。しかも赤字にしおって。

でわでわ

論破せずに相手を動かす方法

こんにちわたいらです。

 

お仕事をしていると社内外問わず定期的に

「論理的に対話するのを拒む人、苦手な人」

こういった人にエンカウントすることがあります。

 

数字を作るため、新しいことに取り組むためには

こういった人達にも理解してもらい、協力を仰がなければなりません。

 

最初に断っておきたいのが、これは「地頭や偏差値的にバカな人」ではないです。

ただ職人気質という意味でのバカであることは多いですが。

 

料理人、エンジニア、ときにはお医者さんや士業を営む人まで。

こういった人達は愚直に自身の価値観や顧客満足度を優先し、

むしろそこが評価されて現在の地位を築かれている方もたくさんいらっしゃいます。

 

ただし、企業活動としての方針転換や何かしらの改善プロジェクトを行う場合には

ほとんどと言っていいほどそういった人達のハレーションや反発を招きます。

 

もちろんトップメッセージとして「黙ってやれ」が必要なケースもありますが

細かい業務改善等についていちいちトップを引きずり出すのは現実的ではなく、

改善チームとしての無能さを露呈してしまうことにもなりかねません。

 

 

これは実際に私が仕事として経験したことなのですが、

レストランのブッフェに出すレタスがあるじゃないですか。

会社の衛生上の方針として、「提供前に薬でちゃんと洗いなさい」を義務付けよう、と。

 

私も元々はどちらかというと反対だったんですが、

 

安全を最優先させるため徹底してもらおうというジャッジが下りました。

 

少なくとも当時私は料理長達から十分な信頼を得ていない自覚があったため、

これは骨が折れるぞ、ということでまずは反対意見を想定しました。

  • 工数が増える
  • 薬代がかかる
  • レタスに薬の匂いが残る

これくらいかな、と。

 

実際をその話を落とし込む際に重要な考え方が、

反対意見を論破せず、予測の上で傾聴する構えを取っておくことです。

数に没頭し最良に備えるのはビジネスにおける単純明快な奥義だ!それが ...

自分から予測される反対意見を先出しにして

「工数増えるしお金かかるし匂いつくのはわかってるんですが・・」

と前もって話をすると、ガス抜きができなくなってストレスを与えてしまいます。

「いーや、あんたなんもわかっちゃいないね!フン!!」って。

 

また、先述の反対意見に対する論破という方法を選ぶと

より大きな反発を生み出し、収集が付かなくなってしまいます。

一番悪い例。

  • 「2~3分の工程で人件費上ブレするほどの厳密なコントロールしてるんですか?」
  • 「薬代が1日当たりでいくらになるかの計算はお済みなんですか?」
  • 「ドレッシングかける方がほとんどなんで心配されるほど気になりませんよ。」

「こいつの言うこと聞く気がしねぇ」ってなりますよね。

これをやりだすと毎回論破が必要になって毎回嫌われてくんです。

 

そこできる限りその反対意見をより具体的に、むしろ大きく捉えているよう同調します。

  • 「一度の水洗いだったのが薬品洗浄とすすぎを含めて3工程になってしまいますよね」
  • 「薬もタダじゃないので結局は原価、人件費を圧迫しかねないですよね」
  • 「少なくともドレッシングかけないお客様には匂いを感じられる方が多いと思います」

「だけど、お客様の安全を最優先するために断腸の思いで絞り出した結論なんです」

この論調であれば、比較的「あー、気にしてはくれてるんだな」と感じさせて

以降だんだん「こいつが言ってんなら仕方ねぇ、聞いてやるか」になっていきます。

 

 

はい、というわけでご納得いただけましたでしょうか。

「論理的に対話するのを拒む人、苦手な人」に対して最も有効な訴求方法は

「論理的に反対意見への同調を用意し、感情的に訴えかけること」です。

 

冒頭に述べた通りどんなに優秀な人でも成功者でも

必ずしも論理的な思考に長けている人であるとは限りません。

これからガンガンいこうぜ - 真浄葬祭のスタッフブログ

そういった人とお仕事をする機会があるならば

身に付けておいて損はないスキルかと思いますので是非試してみてください。

 

 

でわでわ

価値観の多様性

こんにちわたいらです。

 

夫婦関係、仕事関係、お友達関係など、

あらゆる場面で皆さん感じたことがあるでしょうこの「価値観の相違」。

 

昔偉い人がこう言ってました。

 

もともとー何処吹ーくー他人だからぁぁぁぁ価値ー観ーはーイーナーメーナーイー

流行が好きだったりそのわり古風なとこあったりするのねー♪

 

言ってた人、ってか書いた人は大好きなんだけど「価値観は否めない」はあまりにも誤った日本語。

「価値観はすれ違う」くらいだったらきれいに乗っかったと思うんだが?

 

で、なんで今回こんなテーマかと申しますと、

昨今「情報商材」そのものが詐欺みたいな風潮があってですね。

いささかそれは乱暴なんではないか、と思うんです。

いささか先生 (@isasaka_san) | Twitter

「コンサルティング」というのも本質的には似たようなもんですよね。

私も一応マニュアルという成果物報酬を原則としているものの、

ノウハウを売り物にしている以上本質的に上の2つとさほど変わりません。

 

私とお客様の間には基本的に価値観の相違が当たり前に存在します。

「マニュアルを作りたいんだけど手伝ってくれない?」と言われるよりも

「マニュアルを作ることで多くの問題が解決できますよ」と提案することの方が多いので。

 

だから私にとっての営業活動は、多くの場合

マニュアルに対する価値観を共有する必要があるわけです。

そうしなければご飯が食べられなくなり、雑草博士になります。

 

 

一方、特に私生活においては価値観を共有する必要が無い場合があります。

  1. ユニクロの胸ポケ付きのTシャツ@1,800
  2. 「しゅーぷりーむ」ってロゴTシャツ@150,000
  3. 「しゅーくりーむ」ってロゴTシャツ@6,800

3.については販売者側に悪意がある場合、価値がないことを説いた方が良いかもしれません。

が、1.と2.についてはどうでしょう。

圧倒的に1.の方が相対的に価値があると思っている人が多いかとは思います。

だけど¥150,000でも欲しいってマニアがいるから2.はその値段が付いてるわけです。

 

この場合は1.と2.のどちらの価値が上かを決めるのは消費者本人です。

この溝は容易には埋まらないし、急いで埋めようとすると喧嘩になって終わりでしょう。

自身の価値観を他人に強要してもいいことはありません。

 

まだ記憶に新しいマスクやトイレットペーパーの転売騒動においては

消費者需要の足元を見て3.に近い手法を取ったが上に社会問題になったわけですよね。

 

最終的に何が言いたいかと言いますと、あからさまな悪徳業者を除いて

モノやサービスの価値は供給者と消費者の間でのみ共有すべきことであり、

外野がとやかく言う問題では無いということです。

 

もちろん¥150,000のTシャツを息をするようにポチポチする夫に対して

まてまてってならない妻はそうそういないと思います。

しかし論点を価値観の相違に置くとこじれがちなんですよ。

家計への影響を論点に置かないといけない。

 

情報商材も健康食品もTシャツもジャニーズもディズニーもパンケーキも一緒。

消費者本人がそれで満足するのならその価値観の多様性を認めてあげましょうよ、と。

それでいて本当に消費者の身を案ずる立場にいるのなら

供給者側の倫理感を疑い、頭ごなしに否定するのではなく

一緒に確認作業をするくらいの気構えを持ちましょう。

 

 

諸々自戒の念を込めて。

でわでわ

アーカイブ

このページのトップへ